五行歌

「五行で書く」以外ノールールな短詩型。

短歌や俳句のようで、ちがうのは、字数にこだわらず自由に、じぶんの自然な思いを表現できる点。自由だから難しくもありますが、そこが愉しい要素でも。

 

私は五行歌を書きはじめて20年。

 

一段一段階段をのぼってきたつもりですが、あっという間でした。

 

それでも、積み重ねた時間とともに、ひとにはそれなりの思いもあるようです。うたうことで、言葉で残していくことで、今までの思いの結晶のようなものが、かたちとなり、ウタ(五行歌)は、私を形づくるものにもなっています。

 

 

五行歌について詳しくは…五行歌の会HP